コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高桑闌更 たかくわ らんこう

美術人名辞典の解説

高桑闌更

江戸後期の俳人。加賀金沢生。名は忠保・正保、通称釣瓶屋長次(治)郎、号は半化坊・李桃亭・狐狸窟・芭蕉堂・南無庵等。俳諧和田希因に学ぶ。中年京都に移り、医を業としながら俳諧に遊び、『落葉考』を著し蕉風復帰を唱え、蕉風隆盛に努めた。門流小沢何丸桜井梅室・成田蒼・等がいる。寛政10年(1798)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかくわ‐らんこう〔たかくはランカウ〕【高桑闌更】

[1726~1798]江戸中期の俳人。加賀の人。名は忠保または正保。蕉風の復興に努め、天明の俳諧中興に貢献。編著「芭蕉翁消息集」「俳諧世説」、句集「半化坊発句集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高桑闌更 たかくわ-らんこう

1726-1798 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)11年生まれ。生家は加賀金沢の商家。和田希因にまなぶ。蕉風復古をとなえ,京都で芭蕉堂をいとなんだ。寛政5年二条家より花の本宗匠の号をゆるされた。寛政10年5月3日死去。73歳。名は正保,忠保。通称は長次郎。初号は蘭皐,別号に半化房(坊)など。編著に「落葉考」「俳諧世説」など。
【格言など】暁は土に燃え入る火串(ほぐし)かな(「半化坊発句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高桑闌更

没年:寛政10.5.3(1798.6.16)
生年:享保11(1726)
江戸中期の俳人。別号は二夜庵,半化房(坊),芭蕉堂など。金沢の商家に生まれ,俳諧を加賀蕉門の重鎮であった希因に学ぶ。30代のなかばごろから俳諧活動が活発になり,蕉風復古を志して芭蕉の資料を世に紹介するとともに,独自の蕉風論を唱える。江戸を経て京都に移り,天明3(1783)年洛東に芭蕉堂を営んで毎年3月に芭蕉会を催し『花供養』を刊行した。温厚な性格が慕われて,多くの門人を擁して京都俳壇の中心人物となり,晩年には二条家から花の本宗匠の称号を与えられている。<参考文献>大河寥々「高桑闌更」(明治書院『俳句講座』3巻)

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たかくわらんこう【高桑闌更】

1726~1798) 江戸中期の俳人。名は忠保、また正保。別号、半化房・芭蕉堂など。金沢の生まれ。和田希因門。芭蕉に私淑、蕉門俳人の句文を集めて刊行し、天明の俳諧復興に寄与した。編著「花供養」「有の儘」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高桑闌更
たかくわらんこう

[生]享保11(1726).金沢
[没]寛政10(1798).5.3. 京都
江戸時代中期~後期の俳人。諱は正保,忠保。通称,長次郎。別号,闌皐,李桃亭,狐狸窟,二夜庵,半化房 (坊) ,芭蕉堂,南無庵。生家は金沢の商家釣瓶屋。俳諧を希因に学び,天明以後は京都高台寺のほとりに芭蕉堂を造って住んだ。元禄蕉門の俳書を多数編集出版し,蕉風復帰に尽力した。編著『花の故事』 (1763) ,『有の儘』 (69) ,『落葉考』 (71) ,『半化房発句集』 (87) など多数。門人のうち,蒼きゅう梅室,何丸は特に有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高桑闌更
たかくわらんこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高桑闌更の関連キーワード成田蒼きゅう俳句(文学)五味可都里三井嘉菊早川漫々森岡玞卜安田石牙松岡青蘿飯田篤老成田蒼虬谷川護物三冊子富土卵天明調辻嵐外私淑虚白既白

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android