コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹椿園 いたみ ちんえん

3件 の用語解説(伊丹椿園の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹椿園 いたみ-ちんえん

?-1781 江戸時代中期の戯作(げさく)者。
摂津伊丹(兵庫県)の酒造家の養子となり,大坂にすむ。中国の小説から筋をかりた「唐錦(からにしき)」「両剣奇遇」「女水滸伝(すいこでん)」などの読み本をかいた。書籍の収集でも知られた。天明元年8月15日,30歳前後で死去。姓は坂上。名は好寛,源曹。通称は津国屋(つのくにや)善五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊丹椿園

没年:天明1.8.15(1781.10.2)
生年:生年不詳
江戸時代の読本作者。本姓は坂上氏。浦辺氏,山本氏とも称する。通称は津国屋善五郎。伊丹の醸造家大鹿屋伊兵衛家に生まれ,幼少のころより,同じく伊丹の醸造家で銘酒「剣菱」の醸造元である津国屋勘三郎の養子となる。実父は伊丹風俳諧作者として著名な大鹿屋当主坂上蜂房であり,その父と同じく椿園も愛書家で,文事を好んだ。都賀庭鐘上田秋成の影響を受け,中国白話小説を翻案した読本を,安永・天明(1772~89)ごろに6部刊行した。著作には『翁草』『唐錦』『両剣奇遇』などがある。また,随筆『椿園雑話』が写本で伝わる。<参考文献>浜田啓介「伊丹椿園は津国屋善五郎なり」(『近世文学―作家と作品』)

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いたみちんえん【伊丹椿園】

?‐1781(天明1)
初期読本(よみほん)の作者。本名坂上善五郎。剣菱の蔵元津国屋の養子で,1781年に30歳前後で没したとされている。著作に《翁草(おきなぐさ)》《両剣奇遇》《唐錦(からにしき)》《怪異談叢》《深山草(みやまぐさ)》《女水滸伝》があり,刊行は1778‐83年の間に集中している。いずれも当時流行の中国小説の構成や趣向を日本に移した小説で,《唐錦》の自序は,岡島冠山,岡白駒に始まった初期読本形成期の空気をよく伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の伊丹椿園の言及

【水滸伝物】より

…1777年(安永6)には,馬琴の《南総里見八犬伝》の着想を導いた点に文学史的価値があるといわれる仇鼎散人(きゆうていさんじん)の《日本水滸伝》が刊行された。伊丹椿園は,《水滸伝》の豪傑を足利時代の女性に変えた点に独自な着想が見られる《女水滸伝》を著した。これもまた馬琴の合巻《傾城(けいせい)水滸伝》に影響を与えた。…

※「伊丹椿園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊丹椿園の関連キーワード曲亭馬琴絵入り読本坂上高井蘭山話説座付作者小枝繁椎本芳室楠里亭其楽松下真山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone