コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯胴甕古窯址 はんどうがめこようし

1件 の用語解説(飯胴甕古窯址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯胴甕古窯址
はんどうがめこようし

佐賀県唐津市北波多の稗田にある岸岳唐津系の窯跡安土桃山時代に属し,唐津焼系統の陶器を焼いた窯。上下2窯があり,下窯が調査された。下窯は階段状割竹式登り窯で,内部は焼成室を含めて8室に区切られ,全長は約 18mある。唐津焼の窯としては最古の窯の一つであり,朝鮮の築窯技術にならってつくられたと考えられる。甕,壺,瓶,碗,皿,鉢,杯などの破片が出土し,これらには灰釉,長石釉,暗青釉,鉄釉などがかけられているが,彩画はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone