コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稗田 ひえだ

大辞林 第三版の解説

ひえだ【稗田】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稗田
ひえだ

奈良県北部、大和郡山(やまとこおりやま)市の一地区。佐保(さほ)川東岸にあり、四周を幅約10メートルの堀で囲まれ、奈良盆地の代表的環濠(かんごう)集落として知られる。南東部に稗田阿礼(ひえだのあれ)・天鈿女命(あめのうずめのみこと)・猿田彦(さるたひこ)命を祀(まつ)る売太(めた)神社がある。また、南部に県営稗田団地がある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の稗田の言及

【大和郡山[市]】より

…矢田丘陵には奈良時代の創建になり,満米上人以来の地蔵信仰とアジサイの寺として著名な矢田寺(金剛山(こんごうせん)寺),舎人親王の建立と伝え,厄除け観音で参詣者の多い松尾寺,小泉藩主で茶道石州流の祖片桐石州(貞昌)の手になる庭園(史・名)で名高い慈光院や民俗博物館などがあり,県立自然公園に指定されている。東部の稗田は代表的な環濠集落として知られる。【橋本 征治】
[郡山城下]
 西ノ京丘陵南端の台地に位置し,室町時代に在地領主により郡山城が築かれたのがはじまりである。…

※「稗田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稗田の関連キーワード奈良県大和郡山市稗田町記憶力日本選手権大和郡山(市)竹下 しづの女妖怪ハンター飯胴甕古窯址肥前陶器窯跡大和郡山市行橋(市)小山 益太小山益太村上仏山日本神話飯塚昭三日本書紀旧平和村太安麻侶稗田阿礼太安麻呂太安万侶

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稗田の関連情報