飯野 吉三郎(読み)イイノ キチサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の宗教家,神道行者



生年
慶応3年(1867年)

没年
昭和19(1944)年2月3日

出生地
岐阜県

経歴
長野県飛驒山中で神道修行、行者として上京、加持祈禱に信者が集まった。明治37年満州に渡り、38年3月10日の奉天大会戦など戦局を予言し、児玉源太郎大将の信任を得た。日露戦後、児玉の紹介で山県有朋、伊藤博文ら軍官民有力者に知遇され、大正年間、東京渋谷区穏田に大邸宅を構え、“穏田の行者”と敬われた。宮中に出仕し、皇室の信任厚かった女子教育者・下田歌子と結んで貞明皇后の信頼を得、皇太子(昭和天皇)の外遊問題に介入した。大正14年政争がらみの詐欺汚職事件で失脚した。松本米次郎の「怪行者と妖婦征伐記」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android