コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽田女 あくため

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飽田女 あくため

日本書紀」にみえる女性。
仁賢(にんけん)天皇6年夫の麤寸(あらき)が日鷹吉士(ひたかのきし)にしたがい高句麗(こうくり)(朝鮮)にわたるのを難波津におくって,別離悲しみに「於母(おも)にも兄(せ),吾(あれ)にも兄,弱草(わかくさ)の吾夫(あがつま)はや」とないた。母の哭女(なくめ)と夫は同母異父姉弟,自分と夫は同父(山杵(やまき))異母兄妹という関係をふくんでの悲しみであった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飽田女の関連キーワード仁賢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android