コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽田女 あくため

1件 の用語解説(飽田女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飽田女 あくため

日本書紀」にみえる女性。
仁賢(にんけん)天皇6年夫の麤寸(あらき)が日鷹吉士(ひたかのきし)にしたがい高句麗(こうくり)(朝鮮)にわたるのを難波津におくって,別離の悲しみに「於母(おも)にも兄(せ),吾(あれ)にも兄,弱草(わかくさ)の吾夫(あがつま)はや」とないた。母の哭女(なくめ)と夫は同母異父姉弟,自分と夫は同父(山杵(やまき))異母兄妹という関係をふくんでの悲しみであった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飽田女の関連キーワード仁賢日本書紀通証蟻臣糸織媛弟媛(1)田道妻難波小野王太姫郎姫物部木蓮子物部影媛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone