コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養甫尼 ようほに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養甫尼 ようほに

?-? 織豊時代,長宗我部(ちょうそかべ)元親の妹。
土佐(高知県)波川(はかわ)城主波川清宗の妻。天正(てんしょう)8年(1580)夫が兄元親にほろぼされたのち,尼となり土佐郡成山村にすむ。甥の安芸(あき)家友とともに伊予(いよ)(愛媛県)の旅人新之丞(一説に彦兵衛)から紙の製法を習得し,7種の色紙をつくった。長宗我部氏の滅亡後は高野山にのぼったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

養甫尼の関連キーワード安芸三郎左衛門

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android