養甫尼(読み)ようほに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養甫尼 ようほに

?-? 織豊時代,長宗我部(ちょうそかべ)元親の妹。
土佐(高知県)波川(はかわ)城主波川清宗の妻。天正(てんしょう)8年(1580)夫が兄元親にほろぼされたのち,となり土佐郡成山村にすむ。甥の安芸(あき)家友とともに伊予(いよ)(愛媛県)の旅人新之丞(一説に彦兵衛)から紙の製法を習得し,7種の色紙をつくった。長宗我部氏の滅亡後は高野山にのぼったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android