養老ひょうたん(読み)ようろうひょうたん

事典 日本の地域ブランド・名産品「養老ひょうたん」の解説

養老ひょうたん[その他(工芸)]
ようろうひょうたん

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
養老郡養老町で生産されている。養老町では古くからひょうたんがつくられていたと考えられる。最大でおよそ2mにもなる大きなひょうたんから、手に乗るほどの小さなものまである。ひょうたんは、災厄をのがれを招くお守りとしても有名。岐阜県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android