養老ひょうたん(読み)ようろうひょうたん

事典 日本の地域ブランド・名産品「養老ひょうたん」の解説

養老ひょうたん[その他(工芸)]
ようろうひょうたん

東海地方岐阜県の地域ブランド。
養老郡養老町で生産されている。養老町では古くからひょうたんがつくられていたと考えられる。最大でおよそ2mにもなる大きなひょうたんから、手に乗るほどの小さなものまである。ひょうたんは、災厄をのがれを招くお守りとしても有名。岐阜県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android