コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宗 タイソウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐そう【大宗】

物事の初め。おおもと。また、ある分野での権威ある大家。
大部分。おおかた。「大宗を占める」「大宗をなす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいそう【大宗】

物事のおおもと。根本。
ある方面における権威者。 「日本画の-」 「歌壇の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大宗の言及

【宗法】より

…別子の後はその嫡長子が継ぎ,兄弟と兄弟の子孫を統轄する。彼らはこの嫡長子を尊んで〈大宗〉という。大宗となる以外の兄弟は〈禰(でい)〉と呼ばれ,やはりその嫡長子が後を継ぐが,次子以下はこれを尊んで〈小宗〉としてあがめる。…

※「大宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大宗の関連キーワード魚は江湖に相忘るテンプル騎士団聖人に夢なし心斎・坐忘松村 武雄キリスト教鷹谷 俊之朝比奈宗源エッセネ派変額保険春浦宗煕森林災害五経正義敦煌文書柳生宗冬和糸問屋小笠原流竜渓性潜春浦宗熙莫逆の友

大宗の関連情報