大宗(読み)タイソウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐そう【大宗】

物事の初め。おおもと。また、ある分野での権威ある大家。
大部分。おおかた。「大宗を占める」「大宗をなす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいそう【大宗】

物事のおおもと。根本。
ある方面における権威者。 「日本画の-」 「歌壇の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐そう【大宗】

〘名〙
① 物事のおおもと。根本。中心となるもの。また、ある分野での権威ある大家をいう。
※落書露顕(1413頃)「連哥事。摂政家のたびたび御をへしのごとくは、寄合は連哥の大宗也」
※連環記(1940)〈幸田露伴〉「大江の家は大江音人以来、儒道文学の大宗(タイソウ)として」 〔淮南子‐原道訓〕
② 中国古代の宗法制で、別子つまり諸侯の嫡子の弟を始祖として、その嫡系をいう。→宗法。〔礼記‐喪服小記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大宗の言及

【宗法】より

…別子の後はその嫡長子が継ぎ,兄弟と兄弟の子孫を統轄する。彼らはこの嫡長子を尊んで〈大宗〉という。大宗となる以外の兄弟は〈禰(でい)〉と呼ばれ,やはりその嫡長子が後を継ぐが,次子以下はこれを尊んで〈小宗〉としてあがめる。…

※「大宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大宗の関連情報