首謀者・主謀者(読み)しゅぼうしゃ

精選版 日本国語大辞典「首謀者・主謀者」の解説

しゅぼう‐しゃ【首謀者・主謀者】

〘名〙 悪事、陰謀などを、中心となって企てる人。元謀(げんぼう)。張本人。
※日本外史(1827)四「泰時与時房議〈略〉遂奏求首謀者
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「首謀者の僕は従来伝道師候補生として望を属されて居た丈一層憎悪(にくしみ)が強く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android