コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香山美子 こうやま よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香山美子 こうやま-よしこ

1928- 昭和後期-平成時代の児童文学作家,童謡詩人。
昭和3年10月10日生まれ。NHKラジオ・テレビの幼児番組の台本をかき,童謡も手がける。昭和38年少女小説「あり子の記」で日本児童文学者協会賞,NHK児童文学奨励賞。童謡のヒット作に「おはなしゆびさん」「げんこつやまのたぬきさん」など。東京出身。金城女子専門学校(現金城学院大学)卒。旧姓は石井。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

香山 美子


芸名
香山 美子

性別
女性

生年月日
1944/01/01

星座
やぎ座

干支
申年

出身地
東京都

身長
160cm

体重
45kg

デビュー年
1961

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1961年、準ミスエールフランスに選ばれ、松竹映画『嵐を呼ぶ18人』で映画界にデビュー。『にっぽんパラダイス』『この声なき叫び』などで日本映画制作者協会新人賞、『花と竜』『陰獣』などで演技賞を受賞。その他の主な出演作品に、読売テレビ『木曜ゴールデンドラマ』、フジテレビ『銭形平次』、映画『島田洋七のがばいばあちゃん』『酔いがさめたらうちに帰ろう』、舞台『赤い靴の女たち』、CM『サントリーインフォマーシャル「黒酢にんにく」』など。

代表作品
映画『嵐を呼ぶ18人』 / NHK『日本の桜』 / 映画『陰獣』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

香山美子の関連キーワードこんこんクシャンのうた天保水滸伝 大原幽学でっかいでっかい野郎ひよこたちの天使体の中を風が吹く落葉とくちづけ命果てる日までどうぞのいす眠れる美女結婚の条件女たちの庭1月1日愛の激流雪舞いたぬき惜春

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android