コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香月春岑 かつき はるみね

1件 の用語解説(香月春岑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香月春岑 かつき-はるみね

?-1826* 江戸時代後期の国学者。
醤油(しょうゆ)製造業をいとなむ。かたわら,享和元年(1801)本居宣長(もとおり-のりなが)の門にはいり,和歌にすぐれた。文政8年11月25日死去。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は則益,則恒,則有。通称は勘次郎,丑之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

香月春岑の関連キーワードハウフクルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録防衛庁技術研究本部名古屋市の行政評価Jアダムズ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone