香炉峰(読み)コウロホウ

大辞林 第三版の解説

こうろほう【香炉峰】

中国、江西省廬山ろざんの山中の山名。南北の二峰がある。雲気の立ち上る様が香炉に似るという。白居易が「香炉峰の雪は簾すだれをかかげてみる」と詩に詠じたのは北香炉峰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうろ‐ほう カウロ‥【香炉峰】

(頂の奇岩の突き出た山状が香炉に似るところから) 中国江西省九江県西南にある廬山(ろざん)の北峰。
※枕(10C終)二九九「『少納言、かうろほうの雪いかならん』と仰せらるれば、御格子あげさせて、御簾を高くあげたれば、わらはせ給ふ」 〔白居易‐香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁詩・其三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の香炉峰の言及

【廬山】より

鑑真(がんじん)も日本へ渡来する前にここを訪れ,本寺の智恩(ちおん)とともに渡日を実行したのであった。山中の名勝の中でも秀峰付近は特に美しく,歴代訪れた文人達の碑刻が多く残されており,その一部をなす香炉峰は白居易(楽天)の詩などで有名である。白鹿洞書院は宋代四大書院の一つとされ,南宋には朱熹(しゆき)(子),陸九淵(象山),王守仁(陽明)ら代表的な学者がここで講学した。…

※「香炉峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香炉峰の関連情報