御簾(読み)みす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御簾
みす

宮殿や社寺で用いる場合のすだれ呼称。材料によって葦簾,茅 (かや) (こも) 簾,玉簾などの名がある。竹は黄色に染め,周囲に萌黄の縁をつけ,その上辺の広い部分を帽額 (もこう) といった。巻上げるときに使う (かぎ) のついたが上から垂れ,その紐には白,赤,黒に染め分けた房がついている。寝室ではひさしの内側に掛け,母屋では外側に掛けるなど,日よけとしてではなく,むしろ境界に用い,また風寒をさえぎり,外見を避けるのに用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みす【御簾】

すだれ(簾)の高級なものを御簾といい,翠簾とも書く。竹ひごを赤い絹糸で編み,四周に縁(へり)をつけたもので,縁はふつう緑か萌黄地に黒く窠紋(かもん)(木瓜(もつこう)形)を染め付けたものである。幅が広い場合は中にも立縁をつける。これに巻き上げたときかかげておくための鉤(こ)というU字形の金具がつき,ここに鉤丸(こまる)という丸緒の房を下げる。房は黄,赤,黒のだんだらが多い。御簾をかけた上には帽額(もこう)という横布を張る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょれん【御簾】

貴人を敬ってその簾すだれをいう語。みす。

みす【御簾】

を敬っていう語。
神前・宮殿などにかける簾すだれ
「御簾紙みすがみ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御簾
みす

神殿や宮殿などで用いられる簾(すだれ)のこと。竹のひごを編み、綾(あや)や緞子(どんす)などで縁をとったもの。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょ‐れん【御簾】

〘名〙
① 貴人を敬って、その用いる簾(すだれ)をいう語。みす。
※菅家文草(900頃)四・三月三日侍於雅院賜侍臣曲水之飲「仙盞追来花錦乱、御簾巻却月鈎新」
※高野本平家(13C前)三「頭中将重衡、〈略〉御簾(ギョレン)の内よりつっと出て」
② 貴人の出入りの際に、簾を上げる役。
※とはずがたり(14C前)三「とうぎゃうのにしきのしとねをしきて、春宮の御ざとみえたり。内・両院御れん関白殿。春宮には、傅(ふ)のおとど遅参にて、だいぶ御れんに参たまふなりけり」

み‐す【御簾】

〘名〙 (「み」は接頭語)
① 「す(簾)」を敬い、また、丁寧にいう語。すだれ。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「みすには、浅黄にして、緑の綺(き)を端にはさしたり」
② 特に、宮殿・神殿などに用いるすだれ。
③ 「ぬきす(貫簾)」を敬い、また、丁寧にいう語。
※禁秘鈔(1221)上「女官御楊枝二を双指御簾、まかりいだしまゐらせ候はんといふ也」
④ 「みすがみ(御簾紙)」の略。
※随筆・見た京物語(1781)「女郎鼻紙にみすを用ひず。皆のべなり」
⑤ 歌舞伎の大道具、御簾屋台(みすやたい)のすだれ。この上げおろしによって劇の進行に区切りをつける。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)五立「ト唄に成、政澄扇を㒵(かほ)へ当てる。きっかけにてみす降りる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御簾の言及

【すだれ(簾)】より

…伊予竹で作った伊予すだれは古来最高級品とされているが,伊予竹は伊予山中で採れる篠竹で,幹が細く軽いうえ光沢が美しいのですだれ材として最適である。すだれは一般には縁(へり)がつかないが,縁つきの高級品を御簾(みす)という。すだれは戸口や軒先など外部に面した場所にかけ,御簾は室内にかけるというが,特にきまりはない。…

※「御簾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御簾の関連情報