コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬形 ウマガタ

デジタル大辞泉の解説

うま‐がた【馬形】

《「うまかた」とも》
馬の形。また、馬の形の絵。
木や紙でを作ったりに描いたりして、神馬の代わりに神に奉納するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うまがた【馬形】

〔「うまかた」とも〕
馬のかたち。
神に奉納するため、木・紙などで馬の形に作ったもの。
馬の形を描いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の馬形の言及

【絵馬】より

…日本では古くから馬は神の乗りものとして神聖視され,祈願や神祭に神の降臨を求めて生馬を献上する風があった。また一方,生馬に代わって馬形を献上する風もおこった。土馬・木馬がそれであり,馬形が簡略化されたのが板立馬である。…

【形代】より

…人,器財,動物などを模してそれに代わるべきものを作り,種々の呪術を行う道具。人形,馬・牛・鳥・鶏・犬形,刀・剣・鉾・鏃形,車・輿・舟形,男茎形など多種にわたり,素材も紙,布,木,鉄,スズ,銀,金,土製と多様である。飛鳥時代中国から伝わり藤原宮期に確立し,奈良・平安時代に盛行し後代につづく。人形代には凶用と善用の2種がある。凶用の人形代は587年(用明天皇2),中臣連勝海が彦人・竹田両皇子の人形代を作り呪殺を謀った例,平城宮大膳職の井戸で発見された人形代に〈坂部秋建〉の名を墨書し両眼と胸に木釘を打つ例がある。…

※「馬形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬形の関連キーワード小幡北山埴輪製作遺跡二子山古墳〈愛知県〉馬形埴輪(はにわ)ケルト・イベリア人境町歴史民俗資料館太田茶臼山古墳三昧塚古墳大仙陵古墳中川[村]石製模造品障泥∥泥障巨勢金岡仙道古墳亀塚古墳石人石馬造山古墳木下駒埴輪土馬木馬

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬形の関連情報