肥前風土記(読み)ひぜんふどき

精選版 日本国語大辞典「肥前風土記」の解説

ひぜんふどき【肥前風土記】

奈良時代の地方誌。一巻。和銅六年(七一三)の中央官命に基づき、天平四年(七三二)以降、大宰府指令によって編述された肥前国の地誌。現存本は首巻と各郡首は整っているが、各郡の記事は完備せず抄本。「豊後風土記」と体裁が同じなため、編纂藤原宇合(うまかい)が参与していると考えられている。肥前国風土記

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肥前風土記」の解説

ひぜんふどき【肥前風土記】

奈良時代の肥前国の地誌。1巻。和銅6年(713)のにより撰進された風土記の一。肥前国風土記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android