コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神馬 しんめ

7件 の用語解説(神馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神馬
しんめ

神が人間世界にやってくる際の乗り物として,神聖視された馬。じんめ,しんば,かみうま,などともいう。多くは白馬である。伊勢神宮や京都の賀茂神社(→賀茂御祖神社賀茂別雷神社)などの大きな神社では,ほかの馬とは区別されて特別に飼育された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐ば【神馬】

しんめ(神馬)

しん‐め【神馬】

《「じんめ」とも》神の乗用として神社に奉納する馬。神駒(かみこま)。しんば。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんめ【神馬】

神の乗用として,また祈願祈禱のため,神社に奉献する馬のこと。〈じんめ〉とも読み,神駒(かみのこま)ともいう。いわゆる〈絵馬〉は,神馬の形を額に描いて奉納する略儀から生まれた。また,木石で彫刻したものを献ずる場合もある。神馬は必ず装飾するのを例とし,四手(しで)を額髪の左右および中に三つ,とり髪に五つ,尾のつけ根に七つ付けるという。この起源は明らかでないが,770年(宝亀1)8月に朝廷より幣帛を伊勢,八幡等へ奉る際,伊勢神宮へ赤毛馬1匹,八幡宮と若狭彦神へ鹿毛馬各1匹を献じたことが記録にみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんば【神馬】

しんめ【神馬】

〔「じんめ」 「しんば」とも〕
神霊の乗り物として神聖視されている馬。白馬を特に重んじる。
神社に奉納された馬。神駒かみこま

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神馬
しんめ

神の乗る神聖な馬。多くの大社には神馬舎があって、他の馬とは区別して飼育されている。祭礼の神幸(しんこう)(神の臨行)の際にも神馬が使用される。現在でもそうした神馬神事が行われている。五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願して、飾りたてた神馬を疾走させたりする。白馬はとくに珍重され、氏子は白馬の飼育を避けるという地域もある。神馬を神社に献進するのは古くからの風習で、絵馬の奉納はその後の変化だといわれている。[佐々木勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神馬の関連キーワード絵馬主の祈り神の旅祈願所五雲の車とおかみえみため半蔀車満参碇石(いかりいし)御祈禱所

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神馬の関連情報