コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬田柳浪 うまた りゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬田柳浪 うまた-りゅうろう

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩儒広津藍渓(ひろつ-らんけい)の次男。大坂にでて医を業とする。中国小説に通じ読み本をこのんだ。文化7年(1810)「朧月夜(おぼろづきよ)物語」,8年「朝顔日記」をあらわした。一説に文政元年(1818)10月20日死去。名は昌調,弘麟。字(あざな)は国端。別号に稗海亭(はいかいてい),雨香園など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

馬田柳浪の関連キーワード稗海亭柳浪

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android