コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬祖 ばそMǎ zǔ

1件 の用語解説(馬祖の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばそ【馬祖 Mǎ zǔ】

709‐788
中国,唐代の僧。姓は馬,名は道一。諡(おくりな)は大寂禅師。四川の人。曹渓慧能の3世に当たるが,洪州(江西省)開元寺を道場として,新しい南宗禅の祖となったことから,馬祖の名で親しまれる。平常心が道である,心が仏であるなど,平明な中国語による説法で知られ,百丈懐海,南泉普願,西堂智蔵,興善惟寛といった,多くのすぐれた弟子を出す。在家の居士龐蘊(ほううん)も,その一人で,同じく曹渓慧能の3世に当たる。湖南の石頭とあわせて,江西湖南の時代とよばれ,早くより語録が編まれて,弟子の百丈およびその弟子黄檗,その弟子臨済のものとともに,《馬祖四家録》とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

馬祖の関連キーワード公害訴訟延暦寺海損馬祖道一馬祖道一失火責任法損害賠償不法行為根本中堂協力雇用主

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬祖の関連情報