百丈懐海(読み)ひゃくじょうえかい(英語表記)Bo-zhang Huaihai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百丈懐海
ひゃくじょうえかい
Bo-zhang Huaihai

[生]開元8(720)
[没]元和9(814).1.17. 百丈山
中国,唐の禅僧。後半生を江西省百丈山でおくったので百丈禅師といわれ,また大智禅師の号がある。南岳懐譲系の馬祖道一弟子黄檗希運潙山霊祐ら多くの弟子が集り,禅の修行のための僧院規定である『百丈清規 (しんぎ) 』を制定して,初めて禅院の制度を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

百丈懐海【ひゃくじょうえかい】

中国,唐代の禅僧。(おくりな)は大智禅師。南宗禅の馬祖道一(ばそどういつ)より印可を受け,江西の百丈山に寺を建て,僧堂生活での自給自足の法〈百丈清規(しんぎ)〉を定め,これにより禅堂は,初めて独立した。著書《頓悟(とんご)入道要門》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくじょうえかい【百丈懐海 Bó zhàng huái hǎi】

720か749‐814
中国,唐代の僧。大智禅師。姓は王。福州(福建省)の人。江西馬祖の禅をうけ,百丈山を創して禅院の独立をはかる。インド仏教の戒律で禁ぜられた生産労働を肯定し,これを普請とよんで,集団生活の基礎とするとともに,住持以下の職制を定め,百丈清規として成文化する。みずから率先して執労し,〈一日作(な)さずんば一日食わず〉と自戒したと伝え,門下に潙山霊祐,黄檗希運などが出て,百丈山は盛期の禅の中心となった。語録一巻を伝え,塔録も存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくじょうえかい【百丈懐海】

720?~814) 中国唐代の禅僧。馬祖道一の法を継ぐ。江西省百丈山に禅院を設立。僧団の規則「百丈清規しんぎ」を定め、寺院の自給自足体制をしいた。門下に黄檗希運・潙山霊祐いさんれいゆうなどがいる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百丈懐海
ひゃくじょうえかい
(749―814)

中国、唐代中期の禅僧。俗姓は王氏、諡号(しごう)は大智(だいち)禅師、また覚照(かくしょう)、弘宗妙行(ぐしゅうみょうぎょう)ともいわれる。福州長楽県の人で、20歳のとき西山慧照(せいざんえしょう)について出家し、南岳法朝(なんがくほっちょう)律師のもとで具足戒(ぐそくかい)を受けて大僧となった。ついで廬江(ろこう)の桴槎(ふさ)寺に赴いて大蔵経を閲読し大小乗の教理を明らかにした。さらに南康(江西省)において馬祖道一(ばそどういつ)に参禅し、3日間、耳が聾(ろう)するほどの一喝によって開悟したという。その後、帰信者の請いに応じて江西省の大雄峯(だいゆうほう)に建立された百丈山大智寿聖禅寺(だいちじゅしょうぜんじ)に住し、大いに禅風を鼓吹した。ことに大小乗の戒律に限定されない禅院独自の修道生活の規範、すなわち『百丈清規(しんぎ)』を制定し、禅院を律院から独立せしめた功績は、中国仏教史上に特筆されている。門下に山霊祐(いさんれいゆう)、黄檗希運(おうばくきうん)ら優れた弟子が現れ、五家七宗の一翼、(いぎょう)宗・臨済(りんざい)宗を形成するに至る。元和9年正月17日示寂。世寿66歳。なお、生年については720年とする説もあり、『宋(そう)高僧伝』『景徳伝燈録(けいとくでんとうろく)』では95歳で没したとする。[小坂機融]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の百丈懐海の言及

【住持】より

…もともとインド教団では,一所不住をたてまえとするから,住持の名称はありえない。中国で唐代に寺院制度が確立すると,百丈懐海が清規(しんぎ)を制して,教団を管理し弟子を指導する有徳の長老を,住持と名づけたことより始まる。住職【柳田 聖山】。…

【清規】より

…清衆,すなわち清浄大衆の規式の意。唐代,百丈懐海の創始という。インド仏教は,比丘の生活資財を乞食に求めて,生産や蓄財を禁じ,これを戒律に定めた。…

【禅】より

…さらに,祖師禅はインド伝来の戒律に代わって,清規(しんぎ)とよばれる新しい僧院の集団規則を生む。馬祖につぐ百丈懐海(ひやくじようえかい)の創意である。清規の特色は,集団による生産労働を肯定し,これを修行の作用としたことで,普請の法と名づけて師弟平等に力を合わせるのである。…

※「百丈懐海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android