コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬衣 ウマギヌ

デジタル大辞泉の解説

うま‐ぎぬ【馬衣】

馬の背に着せる布。多く、紺または萌黄(もえぎ)などの布に、持ち主の定紋(じょうもん)を染め抜いた。
時宗の僧などが着用した葛(くず)や麻の繊維で粗く織った衣。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまぎぬ【馬衣】

馬の背にかける布。多くは紺や萌黄もえぎの木綿で仕立て、飼い主の定紋を染め抜いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

馬衣の関連キーワード萌黄定紋馬具木綿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android