コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萌黄 もえぎ

2件 の用語解説(萌黄の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

もえぎ【萌黄】

色名の一つ。萌木とも書く。JISの色彩規格では「つよい黄緑」としている。一般に、草木の若い芽が萌えいずるような、わずかにみがかった黄緑のこと。早春を感じさせる清々しい伝統色名。平安時代から用いられてきた。かさね色目いろめにも数多く用いられる。木綿に染めるとやや濃い色になる。音が同じ「萌葱もえぎ」も古くは萌黄、萌木と記述したが、JISの色彩規格では「暗い緑」として区別し、葱ねぎの萌えいずるような青みがかった濃い緑をさしている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萌黄
もえぎ

色名の一つ。萌葱、萌木とも書かれる。黄色みがかった緑色。平安時代以降、公家(くげ)階級に用いられた色名で、自然の風物になぞらえたものの一つ。襲色目(かさねいろめ)の、表地と裏地の組合せの萌黄で、表裏とも萌黄。衣の組合せで萌黄の匂(にお)いは、上が薄く、下にしだいに濃くなる、萌黄の衣を5枚とその下に紅(くれない)の単(ひとえ)を着る配色である。鎧(よろい)の威(おどし)で、萌黄の匂いは、上段が濃く、下にしだいに薄くなり、萌黄裾濃(すそご)は、逆に上段が薄く、下にしだいに濃くなる配色である。萌黄に染めるには、黄蘗(きはだ)または苅安(かりやす)で黄色に下染めしてから、藍(あい)染めをかけるか、先に藍染めしてから黄色染めをする方法がとられる。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萌黄の関連キーワード一色組頭三題噺浅葱植木算遠寺論弁青い打止める弁柄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萌黄の関連情報