コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬門[温泉] まかど

世界大百科事典 第2版の解説

まかど【馬門[温泉]】

青森県東部,野辺地(のへじ)町の西部にある温泉。セッコウ泉,30~37℃。奥羽山脈の烏帽子(えぼし)岳北麓にわき,1822年(文政5)ころ発見され,鶴の湯ともよばれた湯治場であったが,1964年に近代的な温泉ホテルが開館した。烏帽子岳に野辺地スキー場がある。【横山 弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android