コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馴合売買 なれあいばいばい

2件 の用語解説(馴合売買の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馴合売買
なれあいばいばい

取引所において,自己のする売り付けまたは買い付けと同時期に,それと同価格で,他人が当該有価証券または商品を買い付けまたは売り付けることをあらかじめその者と通謀のうえ,その売り付けまたは買い付けをすること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なれあいばいばい【馴合売買】

証券取引所において、申し合わせた二者が、ある銘柄の売り注文と買い注文を、同額で同時に出し合う売買手法。対象銘柄の出来高を多く見せかける、証券取引法による禁止行為。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馴合売買の関連キーワードニューヨーク証券取引所才取会員POAMEX札幌証券取引所ジャスダック証券取引所ジョバー東京証券取引所(東証)アーク証券三市場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone