コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅川 えきせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駅川
えきせん

大分県北部,宇佐市の北部にある中心市街地の一つ。駅館川が耶馬渓台地から中津平野に出る谷口集落として発達。旧町名。 1954年駅館村,豊川村,西馬城村の3村が合体し駅川村となり,1955年町制。 1967年近隣3町と合体して宇佐市となる。白鳳時代のものとされる法鏡寺廃寺跡 (国指定史跡) ,虚空蔵寺跡がある。市制施行後は市役所など官公庁関係の諸機関が集まっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

駅川の関連キーワード宇佐[市]宇佐(市)安心院

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駅川の関連情報