コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅館川 やっかんがわ

4件 の用語解説(駅館川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駅館川
やっかんがわ

大分県中部の鶴見岳由布岳北麓に発し,北流して中津平野東部で周防灘に注ぐ川。全長約 45km。上流の津房川に東椎屋の滝,支流の恵良川に西椎屋の滝など,各所に耶馬渓に似た景観がみられるほか,香下ダム,日出生ダム,日指ダムなどのダムや人造湖がつくられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やっかんがわ【駅館川】

大分県北部を流れる川。県中央部の日出生(ひじゆう)台から北流する恵良(えら)川が,東方の塚原盆地から北流する津房(つぶさ)川を院内町三又で合わせて駅館川となり,中津平野を経て宇佐市長洲(ながす)で周防灘に注ぐ。総延長45km,流域面積350km2。恵良川は院内町の温見(ぬくみ)川,余(あまり)川,院内川などの支流を集め,津房川は安心院(あじむ)町の深見川,新貝川,佐田川などの支流を集める。これらの河川からの灌漑によって,院内の谷や安心院盆地,中津平野の水田が開け,安定した米どころとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕駅館川(やっかんがわ)


大分県北部を流れる川。日出生台(ひじゅうだい)に源を発した恵良(えら)川と、由布(ゆふ)岳に源を発した津房(つぶさ)川が宇佐(うさ)市院内(いんない)町で合流して駅館川となり、北流して周防灘(すおうなだ)に注ぐ。2級河川(駅館川水系)。延長14km。流域面積15km2。恵良川源流域は耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に属し、椎屋(しいや)耶馬渓の景勝が広がる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駅館川
やっかんがわ

大分県北部を流れる川。耶馬渓(やばけい)溶岩台地東部の水を集めて北流する恵良(えら)・日出生(ひじう)・深見(ふかみ)・津房(つぶさ)・佐田(さだ)・山蔵(やまぞう)などの諸川が院内(いんない)・安心院(あじむ)両盆地で合流して駅館川となり、宇佐平野に出て周防灘(すおうなだ)に注ぐ。延長42キロメートル、流域面積345平方キロメートル。恵良川に西椎屋(にししいや)ノ滝・岳切(たっきり)渓谷、深見川に福貴野(ふきの)ノ滝・仙ノ岩(せんのいわ)、津房川に東椎屋ノ滝などの新旧両耶馬渓式風景がつくられ、中・下流諸盆地・平野の水田約1800ヘクタールを灌漑(かんがい)している。津房川には小発電所もある。農業水利を中心とする駅館川総合開発事業が1964年(昭和39)から国営で進められ、日出生ダムが日出生川に、日指(ひさし)ダムが佐田川に1970年完工した。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駅館川の関連キーワード猿ヶ石川葛下川刈谷田川竹田川日出港大分県中津市中央町大分県速見郡大分県玖珠郡玖珠町日出生大分県速見郡日出町藤原祝子川

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駅館川の関連情報