コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐市 うさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇佐〔市〕
うさ

大分県北部にある市。中津平野の東部,駅館川流域に開け,北に周防灘を臨む。 1967年宇佐町,駅川町,四日市町,長州町の4町が合体して市制。 2005年院内町,安心院町と合体。中心市街地のうち四日市は駅館川左岸に開けた市場町で,江戸時代には日田の西国郡代の出張陣屋が置かれ,この地方の天領の行政中心地でもあった。中央に東本願寺,西本願寺の九州別院で九州御坊と呼ばれる二大伽藍がある。駅川は行政中心地区で,機械,織物,醸造,水産加工業が立地。長州は駅館川河港として栄えた。南宇佐は全国八幡宮の総本社である宇佐神宮の鳥居前町で,大分県の代表的観光地の一つ。市域北部の駅館川,寄藻川の沖積低地および干拓田では米作 (宇佐米) ,洪積台地ではブドウなどの果樹,野菜の栽培が行なわれる。県内でも特に古くから開けた地区で,葛原古墳,四日市横穴群,川部・高森古墳群 (ともに国指定史跡) のほか,4~5世紀の古墳が多い。また白鳳時代のものとされる法鏡寺廃寺跡 (国指定史跡) ,虚空蔵寺跡などは当時の仏教文化の隆盛を示している。宇佐神宮は本殿が国宝に,社叢 (イチイガシ林) は国の天然記念物に,境内は国の史跡にそれぞれ指定。内陸部の駅館川上流域および支流域は古くからの農業地域で,条里制の遺構がみられる。東椎屋の滝,大谷渓谷など景勝地が広がり,一部は耶馬日田英彦山国定公園に属する。 JR日豊本線,国道 10号線,387号線,500号線,宇佐別府道路が通る。面積 439.05km2。人口 5万6258(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うさ‐し【宇佐市】

宇佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

宇佐市の関連キーワード大分県宇佐市安心院町上内河野大分県宇佐市安心院町大見尾大分県宇佐市安心院町折敷田大分県宇佐市安心院町有徳原大分県宇佐市安心院町内川野大分県宇佐市安心院町口ノ坪大分県宇佐市安心院町筌ノ口大分県宇佐市安心院町久井田大分県宇佐市安心院町尾立大分県宇佐市安心院町板場大分県宇佐市安心院町且尾大分県宇佐市安心院町今井大分県宇佐市安心院町上市大分県宇佐市安心院町木裳大分県宇佐市安心院町川底大分県宇佐市安心院町萱籠大分県宇佐市安心院町川崎大分県宇佐市北鶴田新田大分県宇佐市久兵衛新田大分県宇佐市南鶴田新田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇佐市の関連情報