宇佐市(読み)うさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇佐〔市〕
うさ

大分県北部にある市。中津平野の東部,駅館川流域に開け,北に周防灘を臨む。 1967年宇佐町,駅川町,四日市町,長州町の4町が合体して市制。 2005年院内町,安心院町と合体。中心市街地のうち四日市は駅館川左岸に開けた市場町で,江戸時代には日田の西国郡代の出張陣屋が置かれ,この地方の天領の行政中心地でもあった。中央に東本願寺,西本願寺の九州別院で九州御坊と呼ばれる二大伽藍がある。駅川は行政中心地区で,機械,織物,醸造,水産加工業が立地。長州は駅館川河港として栄えた。南宇佐は全国八幡宮の総本社である宇佐神宮の鳥居前町で,大分県の代表的観光地の一つ。市域北部の駅館川,寄藻川の沖積低地および干拓田では米作 (宇佐米) ,洪積台地ではブドウなどの果樹,野菜の栽培が行なわれる。県内でも特に古くから開けた地区で,葛原古墳,四日市横穴群,川部・高森古墳群 (ともに国指定史跡) のほか,4~5世紀の古墳が多い。また白鳳時代のものとされる法鏡寺廃寺跡 (国指定史跡) ,虚空蔵寺跡などは当時の仏教文化の隆盛を示している。宇佐神宮は本殿が国宝に,社叢 (イチイガシ林) は国の天然記念物に,境内は国の史跡にそれぞれ指定。内陸部の駅館川上流域および支流域は古くからの農業地域で,条里制の遺構がみられる。東椎屋の滝,大谷渓谷など景勝地が広がり,一部は耶馬日田英彦山国定公園に属する。 JR日豊本線,国道 10号線,387号線,500号線,宇佐別府道路が通る。面積 439.05km2。人口 5万6258(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇佐市の関連情報