コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜谷大学 りゅうこくだいがく

大辞林 第三版の解説

りゅうこくだいがく【竜谷大学】

私立大学の一。浄土真宗の僧侶養成機関を起源とし、1922年(大正11)大学令による大学となる。49年(昭和24)新制大学に移行。本部は京都市伏見区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうこく‐だいがく【竜谷大学】

京都市伏見区に本部がある私立大学。寛永16年(1639)西本願寺境内に設立された学寮を起源とし、大教校、竜谷大学林仏教大学を経て、大正11年(1922)旧制の竜谷大学となり、昭和24年(1949)新制大学へ移行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうこくだいがく【竜谷大学】

京都市伏見区深草塚本町に本部をおく浄土真宗系の私立大学。1639年(寛永16)本願寺派13世の法主良如(1612‐62)が末寺の子弟教育機関として創立した学寮を起原とする。1655年(明暦1),教義論争を機に幕府の閉鎖命令をうけ学林と改称。1871年(明治4),学林を本願寺に移し,仏教以外の洋学をふくむ諸学問を科目に加える。1904年,仏教専門大学(京都・学林)と高輪仏教大学(東京分教場)を統合して仏教大学を設立,22年,旧制大学令により竜谷大学となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

竜谷大学の関連キーワード福島 清三郎石浜 純太郎西本願寺境内宗政五十緒山田盛太郎岡崎 文夫月輸 賢隆大谷探検隊花田凌雲増山顕珠前田慧雲森川智徳羽渓了諦弓波瑞明毛利重能産近甲竜深浦正文原口針水小葉田淳闢邪小言

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜谷大学の関連情報