驚怖(読み)キョウフ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ふ〔キヤウ‐〕【驚怖】

[名](スル)おどろき恐れること。「大自然の摂理に驚怖の念を抱く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうふ【驚怖】

( 名 ) スル
驚き恐れること。 「抑そもそも米国に於て最も-すべき事件と云ふは/月世界旅行

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ふ キャウ‥【驚怖】

〘名〙 驚き恐れること。〔文明本節用集(室町中)〕
※遁花秘訣(1820)牛痘の種法を拒み誹謗するの弁「或は人を驚せしめんとして曰」 〔荘子‐逍遙遊〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android