コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨牌税 コッパイゼイ

世界大百科事典内の骨牌税の言及

【骨牌】より

…しかし,時代がすすむにつれて,他の新興の遊戯類の流行と繁栄に押されてしだいに消滅し,今日では,花札,かぶ札,それに〈てほんびき〉に用いられる札などを残すのみとなった。なお,1902年に施行された骨牌税が57年トランプ類税となり,トランプ,花札,かぶ札など一定範囲のものを国内で販売するときには税金が課せられる。
[教育系かるた]
 平安時代から行われた貝覆は,江戸時代初期になって天正かるたの影響をうけて,従来の貝殻から紙製に変わり,〈歌がるた〉〈絵合せかるた〉が生まれたと考えられる。…

【賭博】より

…86年には大審院長らが花札賭博を行って懲戒裁判に付せられる事件も起こった。1902年かるたの製造販売の抑圧のために骨牌税が新設され,製造業者に打撃を与えた。しかし,かるたの総製造数はほぼ横ばいか漸増を続け,03年の49万組に対し,18年には100万組を超える活況を呈した。…

【トランプ】より

…現在のデザインにもそのなごりをみることができる。日本でも1902年から国税(骨牌税)が課せられた。19世紀になるとイギリスやフランスでカードの製法に改良が加えられ,1930年代にはプラスチックを材料にしたものもつくられるようになった。…

※「骨牌税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android