コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髄膜瘤 ずいまくりゅうmeningocele

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

髄膜瘤
ずいまくりゅう
meningocele

髄膜ヘルニアともいう。脊椎披裂頭蓋披裂の場合に,欠損部から髄膜が嚢胞をつくって突出する奇形で,一種のヘルニアである。嚢胞の内容は脳脊髄液のみで,脳,脊髄,末梢神経は含まれておらず,神経組織の異常はない。腰椎部,仙椎部,後頭部に多い。病変部の真上の皮膚に多毛症血管腫脂肪腫などを認めることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

髄膜瘤の関連キーワードキアリーⅡ型奇形(アーノルド・キアリー奇形)髄膜ヘルニア水腎症水頭症尖足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android