高ボッチ(読み)たかぼっち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高ボッチ
たかぼっち

長野県中央部、筑摩山地(ちくまさんち)南端に位置する高ボッチ山(1665メートル)西斜面の高原。1500メートル前後の緩やかな起伏をなし、北アルプスを一望できる。6、7月にはレンゲツツジ、9月にはマツムシソウが咲く。草原は牛や馬の放牧場になっていて、毎年8月に農耕馬による草競馬が行われる。塩尻(しおじり)峠付近から高ボッチ山を経て鉢伏(はちぶせ)山へ車道が通じている。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android