コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高分子ウィスカー こうぶんしウィスカーpolymer whisker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高分子ウィスカー
こうぶんしウィスカー
polymer whisker

針状に成長させた高分子単結晶。ポリオキシメチレン,ポリパラオキシベンゾイルの,直径1~3μm,長さ 30~80μmのウィスカー (ひげ結晶) が,それぞれ特定の温度,濃度のモノマー希薄溶液からの重合により得られている。重合過程で高分子鎖の化学的な構造だけでなく,物理的な配列も同時に制御する技術として注目される。ウィスカー中で分子鎖は長さ方向に伸び切って配列し,結晶中の欠陥が少ないため,理論値に近い高強度・高弾性率を持つ材料が得られる。ポリオキシメチレンウィスカーは複合材料の強化材として,スピーカコーンに応用されている。なお,無機・金属材料では,スズ,グラファイト,ホウ素などのウィスカーが工業的に生産され,耐熱,高強度複合材料に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android