コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高原五郎七 たかはら ごろしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高原五郎七 たかはら-ごろしち

?-? 織豊-江戸時代前期の陶工。
一説に朝鮮からの渡来人。はじめ豊臣秀吉につかえ,元和(げんな)5年(1619)ごろ筑前(ちくぜん)(福岡県)博多をへて,肥前伊万里(佐賀県)の椎ノ峰,有田の南川原(なんがわら),岩屋川内などで磁器をやく。初代酒井田柿右衛門をおしえたとつたえられる。姓は竹原とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高原五郎七の関連キーワード酒井田柿右衛門(初代)柿右衛門(1世)副田喜左衛門酒井田円西五郎八茶碗呉須権兵衛陶工

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android