高品 格(読み)タカシナ カク

20世紀日本人名事典の解説

高品 格
タカシナ カク

昭和・平成期の俳優



生年
大正8(1919)年2月22日

没年
平成6(1994)年3月11日

出生地
千葉県海上郡飯岡町平松

本名
向後 直吉

学歴〔年〕
八日市場小高等科〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
キネマ旬報賞助演男優賞(昭59年度),毎日映画コンクール助演男優賞(昭59年度),ブルーリボン賞助演男優賞(昭59年度),日本アカデミー賞助演男優賞(昭59年度)

経歴
小学校高等科を出て勤めた裁判所を1年ほどで辞め上京、東邦拳闘倶楽部に入り、プロボクサーになる。東洋フライ級チャンピオンにまでなったが、俳優を志し、昭和13年日活多摩川に入社。翌年「土と兵隊」でデビュー。その直後に応召、北支に従軍して18年除隊。戦後「馬喰一代」(大映)に出演後、日活に移り、以来、出演作品は500本を超える。代表作に「嵐を呼ぶ男」「女中っ子」など。傍役ひと筋に生きてきたが、59年和田誠監督の「麻雀放浪記」で“雀ゴロ”出目徳というはまり役を演じ、キネマ旬報賞など各種助演男優賞を独占した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

高品 格
タカシナ カク


職業
俳優

本名
向後 直吉

生年月日
大正8年 2月22日

出生地
千葉県 海上郡飯岡町平松(旭市)

学歴
八日市場小高等科〔昭和8年〕卒

経歴
小学校高等科を出て勤めた裁判所を1年ほどで辞め上京、東邦拳闘倶楽部に入り、プロボクサーになる。東洋フライ級チャンピオンにまでなったが、俳優を志し、昭和13年日活多摩川に入社。翌年「土と兵隊」でデビュー。その直後に応召、北支に従軍して18年除隊。戦後「馬喰一代」(大映)に出演後、日活に移り、以来、出演作品は500本を超える。代表作に「嵐を呼ぶ男」「女中っ子」など。傍役ひと筋に生きてきたが、59年和田誠監督の「麻雀放浪記」で“雀ゴロ”出目徳というはまり役を演じ、キネマ旬報賞など各種助演男優賞を独占した。

受賞
キネマ旬報賞助演男優賞(昭59年度),ブルーリボン賞助演男優賞(昭59年度),日本アカデミー賞助演男優賞(昭59年度) 毎日映画コンクール助演男優賞(昭59年度)

没年月日
平成6年 3月11日 (1994年)

伝記
不良ノート〈下〉 百瀬 博教 著(発行元 文芸春秋 ’93発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android