コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高尾鉄叟 たかお てっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高尾鉄叟 たかお-てっそう

1831-1905 幕末-明治時代の武道家。
天保(てんぽう)2年9月生まれ。赤松則之に神陰一刀流をまなぶ。嘉永(かえい)7年江戸で鉄仲流練武館をひらくが1年で廃して各地を遍歴し,安政6年郷里の肥前長崎にもどる。のち報国館道場をひらき鉄叟流剣術,真心揚流柔術をおしえた。明治38年2月15日死去。75歳。初名は騰九郎。号は独立斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高尾鉄叟の関連キーワード中野 宗助明治時代中野宗助天保

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android