コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方惟準 おがた これよし

5件 の用語解説(緒方惟準の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

緒方惟準

医師。緒方洪庵の次男。大坂生。幼名平三、通称を洪斎、字は子縄・蘭州。長崎でポンペ等に師事。医学伝習御用となり、オランダ留学を経て、典楽寮医師・医学所取締を務める。緒方病院院長。明治42年(1909)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方惟準 おがた-これよし

1843-1909 明治時代の医師。
天保(てんぽう)14年8月1日生まれ。緒方洪庵の次男。長崎の蘭医にまなび,西洋医学所の教授となる。慶応2年オランダに留学,大阪医学校長,陸軍軍医などをつとめたのち,大阪に緒方病院を開業した。明治42年7月20日死去。67歳。大坂出身。字(あざな)は子縄。通称は洪斎。号は蘭洲。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

緒方惟準

没年:明治42.7.20(1909)
生年:天保14.8.1(1843.8.25)
幕末明治期の蘭方医。蘭方医緒方洪庵の次男。大坂生まれ。母は八重。洪斎と号す。幼くして加賀大聖寺渡辺卯三郎(洪庵の門人)について,漢学と蘭学を修め,安政5(1858)年長崎に遊学して蘭医学を学んだ。文久3(1863)年父の死により江戸に戻り,西洋医学所教授に任じられた。慶応1(1865)年幕府の命によってオランダに留学し,明治1(1868)年7月に帰国,同年9月京都の典薬寮の医師となった。これは朝廷の任命による最初の洋方医である。同年10月東京の医学校および大病院の取締となったが,2年2月医学校を辞し,大坂に設立された浪華仮病院の院長に就任し,オランダ軍医ボードインと共に病院の運営に当たった。4年陸軍軍医,18年には陸軍軍医学会長兼近衛軍医長となった。このころ軍隊にはびこっていた脚気の予防策として,麦飯給食を実施して好成績をあげたが,軍中央の認めるところとならなかった。20年4月陸軍を辞して大阪に帰り,緒方病院を開設して自ら院長となった。<著作>『衛生新論』

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緒方惟準
おがたこれよし

[生]天保14(1843)
[没]1905
医師。緒方洪庵の嗣子。 16歳から 23歳まで長崎養生所で学び,慶応1 (1865) 年,A.ボードゥインについてオランダに留学,明治維新で帰国した。明治1 (68) 年に典薬寮医師,大阪仮病院伝習御用掛となり,ボードゥインを助けて医学教育にたずさわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緒方惟準
おがたこれよし
(1843―1909)

幕末・明治の医学者。緒方洪庵(こうあん)を父に大坂に生まれる。幼名は平三、のちに章、洪哉、惟準と改めた。洪庵の長男が夭折(ようせつ)のため嗣子(しし)となる。12歳のとき、父命により弟平三(後の惟孝(これたか)、1845―1905)と大聖寺(だいしょうじ)(石川県加賀市)の渡辺卯三郎(うさぶろう)(1831―1881、元適塾生)のもとで漢学が主、蘭学(らんがく)が従の教育を受けたが、蘭学専念の希望が強く、越前(えちぜん)国大野(福井県大野市)の洋学館長伊藤慎蔵(元適塾塾頭)のもとに走った。洪庵は両人に勘当を宣告、3年後に「勘気免ぜられて帰坂の恩命を蒙(こうむ)る」と後年の自伝にいう。その後、長崎でポンペ、続いてボードイン、ハラタマKoenraad W. Gratama(1831―1888)に師事。洪庵没後、江戸の医学所教授、御番医師となり、1866年(慶応2)オランダのユトレヒト大学に留学、幕府崩壊の報で帰国した。1868年(慶応4)朝廷に召されて、典薬寮医師、玄蕃少允(げんばしょうじょう)となり、医学所が再開される際は取締となった。続いて大阪の医学伝習御用掛となり、大阪仮病院長、大阪医学校長を務め、恩師ボードインを学校に迎えた。1873年(明治6)、学制改革で大阪医学校は廃校となり、惟準は陸軍軍医となった。大阪鎮台病院長、軍医学校長、軍医本部次長を経て、近衛(このえ)師団軍医長を最後に、1887年辞職した。以後、緒方一族は協力して大阪で緒方病院を創立、院長となった。他方、高橋正純(1835―1891)らとともに大阪慈恵病院(大阪市立弘済院付属病院の前身)を設立して社会福祉に努めた。次郎(1871―?)、知三郎、章の3子はそれぞれ内科学、病理学、薬学を専攻。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緒方惟準の関連キーワード太田雪岳松本良順緒方郁蔵緒方富雄高畠耕斎坪井信良船曳卓堂守屋庸庵蘭方医蘭方医学

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone