コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島祐啓 たかしま ゆうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島祐啓 たかしま-ゆうけい

1832-1881 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)3年生まれ。幕府の医官。文久元年遣欧使節に随行し,ヨーロッパ諸国を巡遊。のち将軍徳川家茂(いえもち)の侍医となる。維新後浅田宗伯,今村了庵らと病院をたてた。明治14年8月1日死去。50歳。名は烈,久也。著作に「欧西紀行」「軍陣救急便方」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高島祐啓の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android