高度別大気汚染調査(読み)こうどべつたいきおせんちょうさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度別大気汚染調査
こうどべつたいきおせんちょうさ

汚染物質の発生源の分布,その拡散状態などを推定する資料を得るため,高度別に大気の汚染度を調べること。大気汚染物質は地上からの高度によってその濃度が違う。またその違い方は汚染物質によっても異なり,気象条件によっても異なる。高いビルや塔,バルーンヘリコプタなどで調査が行われ,逆転層との関係,気流との関係などが明らかにされる。このほか硫黄酸化物,オキシダント浮遊粉塵の調査が高度別に行われ報告されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android