コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度好熱菌 こうどこうねつきんextreme thermophile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度好熱菌
こうどこうねつきん
extreme thermophile

75℃以上の高温下で生育可能な細菌。温泉などの過酷な環境においても生存できることから,その生体の特殊なメカニズムに興味が注がれている。高度好熱菌の持つ酵素は熱に強いため,代謝系などの研究に用いられる一方,遺伝子診断技術の一部 (PCR法) などにも使用されている。また,バイオセンサやバイオコンピュータといった,工学面への応用も期待される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の高度好熱菌の言及

【細菌】より

…20℃以下でよく生育するものを低温菌,55℃以上で発育するものを好熱菌(高温菌,耐熱菌ともいう),その中間の温度で発育するものを中温菌と呼ぶ。75℃以上でも生育できるものは高度好熱菌と呼ばれる。動植物の病原菌はすべて中温菌である。…

※「高度好熱菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報