コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高座の タカクラノ

デジタル大辞泉の解説

たかくら‐の【高座の】

[枕]高座の上に御蓋(みかさ)がつるされるところから、「みかさ」にかかる。
「―三笠(みかさ)の山に鳴く鳥のやめば継がるる恋もするかも」〈・三七三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たかくらの【高座の】

( 枕詞 )
高座の蓋かさの意。「三笠の山」にかかる。 「 -三笠の山に鳴く鳥の/万葉集 373

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高座のの関連キーワード麗々亭 柳橋(4代目)立花家 花橘(2代目)三遊亭 円楽(5代目)浪花亭 愛造(初代)笑福亭 福松(初代)三遊亭円朝(初代)神田伯山(初代)伊東燕晋(初代)晴乃 ピーチク都家 かつ江アースガルズ講座(高座)芦屋(市)一立斎文車落語の用語女義太夫啓白の鐘桂吉の丞怪談咄大雲寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高座のの関連情報