高橋三吉(読み)たかはし さんきち

  • 高橋三吉 たかはし-さんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1882-1966 明治-昭和時代前期の軍人。
明治15年8月24日生まれ。日露戦争の黄海・日本海海戦に戦艦敷島分隊長として参加,大正15年連合艦隊参謀長。昭和7年軍令部次長となり,伏見宮部長のもとで軍令部の権限拡大につとめる。9年連合艦隊兼第一艦隊司令長官。海軍大将。昭和41年6月15日死去。83歳。東京出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android