コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋多一郎 たかはし たいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋多一郎 たかはし-たいちろう

1814-1860 江戸時代後期の武士。
文化11年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。奥右筆頭取,小姓頭(がしら)などをつとめる。鹿児島藩士らと大老井伊直弼(なおすけ)襲撃,大坂挙兵を計画。挙行に先立って大坂にゆくが,桜田門外の変後,幕吏に発見され,万延元年3月23日子の庄左衛門とともに四天王寺で自殺した。47歳。名は愛諸。字(あざな)は敬卿。号は柚門,水哉堂,幽竹山窓。著作に「遠近橋(おちこちばし)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋多一郎

没年:万延1.3.23(1860.4.13)
生年:文化11(1814)
桜田門外の変の首謀者。尊攘派水戸藩士。諱は愛諸,字は敬卿,号は柚門など。父は高橋諸往,母は堀口重有の娘。弘化1(1844)年,藩主徳川斉昭隠居謹慎の解除運動を中心的に推進,嘉永1(1848)年に蟄居処分。斉昭の藩政復帰により同2年に処分解除。安政2(1855)年郡奉行,奥右筆頭取兼帯。5年,戊午の密勅の遵奉と安政の大獄の阻止のために活動,大老井伊直弼暗殺,大坂挙兵,松平慶永総裁擁立を計画,7年2月,水戸を脱藩,大坂で挙兵準備に着手,同3月22日,捕縛されようとして大坂の四天王寺で長子諸徳と共に自刃。辞世「鳥か啼くあつま武男か真心は鹿島の里のあなたとを知れ」。<著作>『遠近橋』

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋多一郎
たかはしたいちろう
(1814―1860)

幕末尊攘(そんじょう)派の水戸藩士。名は愛諸(ちかゆき)、字(あざな)は敬卿(けいきょう)、柚門(ゆうもん)と号す。藤田幽谷(ゆうこく)の思想を受けて改革派に属し、藩主徳川斉昭(なりあき)に抜擢(ばってき)されて奥右筆(おくゆうひつ)に進む。1844年(弘化1)斉昭失脚にあたり雪冤(せつえん)運動に参加して禁固に処せられたが、のち赦(ゆる)されて北郡郡奉行(こおりぶぎょう)などを勤める。水戸藩尊攘派の分裂後、激派として、井伊(いい)大老暗殺計画の実質的な指導者となる。事変後、幕府の追及急なるため、大坂天王寺で自刃した。同じく激派の金子孫四郎と並び称せられ、「金高」とよばれた。著書に『遠近橋(おちこちばし)』などがある。[佐久間好雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高橋多一郎の言及

【桜田門外の変】より

…水戸藩内では,勅諚を返上すべきだとする鎮派と,これに反対する激派との間に,激しい政争がおこなわれたが,ついに鎮派の主張が通った。激派の水戸藩士金子孫二郎,高橋多一郎,関鉄之介らと,薩摩藩士有村次左衛門との間では,安政の大獄がはじまったころから,井伊の暗殺計画がねられていたが,水戸藩論が勅諚返上に傾くと,この計画は急速に具体化した。それによれば,水戸藩士50人は,井伊の襲撃と横浜の外国商館焼打ちとを実行し,同時に薩摩藩士3000人が京都の警衛にあたり,東西相応じて幕府の改造を断行するというものであった。…

※「高橋多一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋多一郎の関連キーワード有村次左衛門高橋庄左衛門森山繁之介鮎沢伊太夫住谷寅之介奥平小太郎金子孫二郎佐久良東雄川崎孫四郎関鉄之介山崎猟蔵島男也

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android