高津戸峡谷(読み)たかつどきょうこく

世界大百科事典 第2版の解説

たかつどきょうこく【高津戸峡谷】

群馬県東部,渡良瀬川が平野部に出る谷口につくった峡谷。山田郡大間々町南部にある。高津戸峡または高津戸渓谷ともいう。足尾線大間々駅から近い。高津戸橋から上流にあるはねたき橋まで約600mがとくに美しく,関東耶馬渓ともいわれる。峡谷沿いに遊歩道があり,途中に屛風岩,伊勢ヶ淵,はね滝,獅子岩などの景勝がある。東岸の要害山に中世の高津戸城跡があり,西岸にながめ遊園地がある。【有末 武夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android