コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡良瀬川 わたらせがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡良瀬川
わたらせがわ

栃木県群馬県の県境付近を流れる川。利根川の支流。全長約 110km。日光火山群皇海山(2144m)付近に源を発し,足尾山地の小支流を集めて南西に流れ,群馬県に入る。大間々付近に扇状地をつくり,流路を南に変え,渡良瀬遊水地赤麻遊水地)に達し,茨城県古河市付近で利根川に注ぐ。沿岸の農業用水,水道用水として利用され,両毛線,足尾線開通までは水運も盛んで,河岸の町も繁栄していた。1600年代に開発された足尾銅山鉱毒問題が発生し,1897年には下流域住民の大規模な請願運動が起こった(→足尾鉱毒事件)。また洪水の害を緩和するため下流部に多くの遊水池が建設された。しかし 1977年,上流域に首都圏の水資源確保のための草木ダムが完成し,遊水池の必要性は小さくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

渡良瀬川【わたらせがわ】

利根川の支流。長さ107km,流域面積2621km2。栃木県足尾町(現・日光市)の北に発して南西流し,群馬県大間々町(現・みどり市)で向きを南東に変え,埼玉県栗橋町(現・久喜市)で利根川に合流。
→関連項目足尾[町]足尾鉱毒事件足利[市]石橋[町]板倉[町]太田[市]大平[町]大間々[町]小山[市]関東平野北川辺[町]桐生[市]葛生[町]古河[市]国分寺[町]佐野[市]館林[市]栃木[市]利根川新田[町]藤岡[町]藪塚本町[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わたらせがわ【渡良瀬川】

利根川の支流。長さ108km。栃木県西部の皇海(すかい)山(2144m)付近に源を発し,足尾山地と赤城火山の間を流れ,群馬県の大間々町付近で関東平野に出,南東に流れて桐生・足利両市付近を通り,古河市南方で利根川に合流する。上流の足尾鉱山ではとくに明治以後,大規模な銅の採鉱精錬が行われたため,大気や水質の汚染問題が発生した。大気汚染では上流地域一帯の森林が枯死し,広い範囲にわたって草木のまったく見られない裸地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わたらせがわ【渡良瀬川】

栃木県西部の皇海すかい山に発し、南西流して埼玉県栗橋付近で利根川に注ぐ川。長さ108キロメートル。足尾銅山の精錬による汚染で上流山地の森林が枯死し、広範囲の裸地ができ、中・下流域でしばしば氾濫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕渡良瀬川(わたらせがわ)


栃木県西部から群馬県東部を経て茨城・埼玉県境を流れる川。1級河川(利根(とね)川水系)。延長107km。日光(にっこう)火山群の皇海(すかい)山(標高2144m)東麓(とうろく)に源を発し、足尾(あしお)山地の山麓を西から南に巡って、利根川に合流する。明治中期、上流の足尾銅山による鉱毒事件が発生、下流域では廃鉱滓(こうさい)の流出・堆積によって洪水が頻発した。下流の栃木県谷中(やなか)村域(のち廃村)に除毒・洪水防止用の渡良瀬遊水池が、上流に草木(くさき)ダムが造成された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡良瀬川
わたらせがわ

栃木、群馬、茨城、埼玉の各県を流れる、利根(とね)川の支流。栃木県日光(にっこう)市の皇海(すかい)山と、庚申(こうしん)山の間の山中に源を発し、仁田元沢(にたもとさわ)、久蔵沢(くぞうさわ)、神子内(みこうち)川を合し、渡良瀬からほぼ南西に流路をとり、大間々(おおまま)から平野に出るとともに南東方向に転じ、群馬県桐生(きりゅう)市、栃木県足利(あしかが)市、佐野市などの機業地帯を流れ、渡良瀬遊水地(渡良瀬遊水池とも)を経て茨城県古河(こが)市(東岸)、埼玉県加須(かぞ)市(西岸)で利根川に合流する。全流域面積約2621平方キロメートル、流路長107キロメートル。上流右岸側の備前楯(びぜんたて)山に銅鉱床を胚胎(はいたい)し、これを利用した足尾銅山が開かれ、1907年(明治40)には旧足尾町人口3万4000余を数えた。粗銅産出量は1917年(大正6)の約1万6000トン弱をピークにして、その後品位の低下が続き、1973年(昭和48)閉山した。明治時代の民営移管後、煙害と鉱毒問題が流域の住民との間に起こり、田中正造(しょうぞう)の運動にもかかわらず、谷中(やなか)村が廃村となった。
 上流は発電と鉱業用水に利用される。群馬県東(あずま)村(現、みどり市)に1976年竣工(しゅんこう)した草木(くさき)ダムは、水資源開発公団(現、水資源機構)により利根川総合開発事業の一環として築造された洪水調節、灌漑(かんがい)、発電、上水・工水用の多目的ダムである。有効貯水量5050万トンの重力式コンクリートダム。かつて下流部は洪水常襲地であった。明治時代11回の洪水に襲われ、1906年の洪水はもっとも激しく、足利郡においては死傷者63人、全壊家屋193戸であった。洪水に対する防御として水塚(みつか)がつくられ、軒下などに避難用の舟をつり下げるなどのさまざまのくふうが凝らされた。しかし、ダム築造により洪水は激減し、水塚は壊されつつある。河川の環境基準は上流がA、中流がB、下流がC類型に指定されている。下流部、栃木県栃木市藤岡町地区を中心に面積約33平方キロメートル、貯水容量約2億立方メートルの渡良瀬遊水池があり、毎秒9400立方メートルの洪水を調節する。遊水池の一部をさらに掘り込んでここに水を蓄え、東京都ほか4県に毎秒2.5立方メートルの都市用水を供給する渡良瀬貯水池の建設が建設省(現、国土交通省)直轄工事として進められ、おおむね完成した。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渡良瀬川の言及

【足尾鉱毒事件】より

古河市兵衛経営の足尾銅山(現,古河機械金属株式会社)から流出する鉱毒が原因で,渡良瀬川流域の広大な農地が汚染され,明治中期から後期にかけて一大社会問題化した公害事件。今日の公害問題の特質のほとんどをそなえているため,日本の〈公害の原点〉と称される。…

【関東平野】より

… 水系は平野の中央を北西から南東に貫流する利根川が最大の流域を占める。利根川は上流部で関東山地北部および三国山脈から流出する諸川を集め,中流部で渡良瀬川,鬼怒川が合流し,沿岸に沖積地を広げながら銚子半島で海に注ぐ。渡良瀬川の下流はもとは現在の江戸川の流路をとり,利根川下流は現在の古利根川の流路をとって東京湾に注いでいたが,江戸の水害を防ぐ目的で近世初期に関宿付近を開削する土木工事が行われ,利根川は鬼怒川下流と連結された。…

【利根川】より

…坂東太郎とも呼ばれ,筑後川(筑紫二郎),吉野川(四国三郎)とともに日本三大河という。支流数は285で,おもな河川には赤谷(あかや)川,片品(かたしな)川吾妻(あがつま)川,烏(からす)川,渡良瀬(わたらせ)川鬼怒(きぬ)川小貝(こかい)川などがあり,分流として江戸川がある。
[利根川水系の成立]
 今日の利根川は発生的に,利根川と鬼怒川の合併河川とみることができる。…

※「渡良瀬川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡良瀬川の関連キーワード藪塚本町[町]渡良瀬川遊水池千網谷戸遺跡大間々[町]みどり[市]埼玉県加須市渡良瀬遊水池北川辺〈町〉黒保根[村]佐野[市]高津戸峡谷藤岡[町]笠懸[町]赤堀[町]恩田 正一近藤陸三郎流山[市]足尾[町]半谷高久下野平野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡良瀬川の関連情報