コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津運記 たかつ うんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津運記 たかつ-うんき

1842-1876 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)13年生まれ。国学者林桜園にまなび,尊攘(そんじょう)運動に参加,のち肥後(熊本県)青井阿蘇神社神職になる。明治9年神風連の乱に参加して熊本鎮台司令官の種田政明を殺害したが,やぶれて自首し明治9年12月3日処刑された。35歳。肥後出身。名は忠則,一見。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高津運記の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android