コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高温顕微鏡 こうおんけんびきょう

1件 の用語解説(高温顕微鏡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高温顕微鏡【こうおんけんびきょう】

加熱状態の金属,合金,鉱物などの試料表面を調べる顕微鏡。試料は酸化防止のため低圧の真空炉中に置き,石英窓を通して検鏡。最高温度1500℃程度,倍率は500〜750倍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

高温顕微鏡の関連キーワードアマルガム元素鉱物合金吹管分析原子間力顕微鏡金属鉱物試金湿式灰化標準試料擬写真効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone