高濃縮ウラン(読み)コウノウシュクウラン

デジタル大辞泉の解説

こうのうしゅく‐ウラン〔カウノウシユク‐〕【高濃縮ウラン】

濃縮ウランのうち、ウラン235の濃度を20パーセント以上に高めたもの。核兵器などの軍事利用には、70~90パーセントの高濃度のものが使われる。HEU(high enriched uranium)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうのうしゅくウラン【高濃縮ウラン】

濃縮ウランのうちウラン二三五の存在比が約20パーセント以上のもの。90パーセント以上のものは軍事用に使用される。 ⇔ 低濃縮ウラン濃縮ウラン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐のうしゅくウラン カウ‥【高濃縮ウラン】

〘名〙 (ウランはUran) 濃縮ウラン中のウラン二三五が九〇パーセント程度以上のもの。九七パーセント以上は原子爆弾の材料となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高濃縮ウランの関連情報