コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田=荒反応 たかだ=あらはんのうTakata-Ara reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田=荒反応
たかだ=あらはんのう
Takata-Ara reaction

フクシン昇汞反応。高田蒔と荒清が 1925年に発表した脳脊髄液反応の一つで,特に梅毒性脳脊髄膜炎の診断に有用。その方法は,乾燥した小試験管に髄液 1mlを入れ,10%の炭酸ソーダ液1滴を滴下混和し,他の試験管に用意した昇汞水,フクシン混合液を加え,直後,15分後,30分後,24時間後に観察する。その際,紫青色で沈殿しないものは陰性反応。直後に紫青色綿状沈殿ができ,上澄みが無色透明のものが強陽性。結果により正常型,梅毒型,髄膜炎型に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高田=荒反応の関連キーワードグローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android