試験管(読み)しけんかん(英語表記)test tube

翻訳|test tube

日本大百科全書(ニッポニカ)「試験管」の解説

試験管
しけんかん
test tube

もっとも簡便な化学実験器具。ガラス一端を閉じて丸底にしたものが一般的である。少量の薬品を用いた溶解、加熱、冷却などの操作、呈色反応、沈殿生成反応などの観察等、予備実験容器として使われ、細菌の培養などにも利用される。保存容器としても便利である。特殊なものとして、共栓付き、目盛り付き、着色ガラス製、金属製、合成樹脂製のものなどもある。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「試験管」の解説

試験管【しけんかん】

一方を閉じたガラス製の管で,化学反応物質の状態変化の観察など一般理化学実験用に広く使用。丸底や平底のもの,口が広いもの,すり合せのもの,目盛のついているものなど各種あり,大きさも各種。材質も並ガラス,硬質ガラスパイレックスガラス石英ガラスなど多くのものがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「試験管」の解説

しけん‐かん ‥クヮン【試験管】

〘名〙 細長い円筒形で、一方の端を丸底状に閉じたガラス製の管。化学実験、化学分析、試験などの容器具として用いる。試管。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「試験管」の解説

しけん‐かん〔‐クワン〕【試験管】

化学実験器具の一。一端を閉じて丸底にした細長いガラス管。少量の薬品を加熱したり反応させたりするのに使用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「試験管」の解説

しけんかん【試験管 test tube】

一方を閉じたガラス製の管で,化学反応や物質の状態変化の観察などの一般理化学実験に用いられる器具。ふつう丸底であるが,平底のものもある。丸底は平底に比し機械的強度,耐熱性が高く,少量の物質でも観察しやすい。直径約1.5cm,長さ15~20cm,容量30~35cm3,薄肉ガラス製のものが広く用いられる。その他太めのもの,小型のもの,目盛つきのものなどがあり,材質も目的に応じてパイレックスガラス,着色ガラス,石英などが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android